美容:清潔感のあるメイクとは?

ダイエットに成功して一安心、といきたいところですが、それだけでは美容は完成しません。
メイクがあっていないとせっかく痩せても効果が半減してしまいます。
賛否両論あるかと思いますが、メイクで大切なのは「清潔感」だと感じます。

もちろんどこに行くかといったTPOで必要とされるメイクは全く変わってきます。
ただ共通しているのは化粧っ気なしで行くと、だらしなさや女性の特権である華やかさが減少してしまうということ。
行先にあわせてどのようなイメージを求めているのかを把握して、それぞれの場所に合わせた化粧が勝利の秘訣になります。

普段使いとしておすすめできるのがALBIONの化粧品です。
日本人の肌に合っていてとてもナチュラルな仕上がりですがカバー力などは本物です。
印象は明るく元気ですこしおしゃれなイメージでメイクできます。
ちなみに、清潔感を出すときは眉はあまり細くしないほうがいいと思います。チークは乗せすぎずに赤めの色をうっすらと、口紅もナチュラルピンクなカラーがおすすめです。
目元はクマなどはしっかりカバーすべきですが、アイラインなどでネコ目や目じりを跳ね上げすぎる最近の流行の仕上げ方は良くないです。

美容:むくみ対策と体内水分

足やうでのむくみは女性の方が多いと言われています。
しかし、体重1kgに占める水分の量は実は男性の方が女性より多いのです。
例えば30歳前後の人の場合、女性は体重1kgあたり水分は45~50%くらいです。
これに対して男性の水分量は55%前後なのです。
でも、男性がむくみに悩んでいるという話はあまり聞かないですよね?
実は体内の水分が、どこにあるかによってむくみになったり、身体に有用な水分になったりする違いがあるのです。

女性は男性に比べて筋肉量が少ないと言われています。
筋肉には血液というかたちで水分がたくさん集まります。
血液は身体中を循環するので、水分量が多くても問題ないのです。
これに対して、水分が細胞の外にある状態がむくみです。
この状態で水分があっても”身体にとっては役に立たない水分”なのです。

かといって、むくみ対策に摂取する水分を少なくするのも良くありません。
体内の水分が少なくなると身体の調整機能がうまく働かなくなったりしてしまいます。
特に月経時には出血と共に水分も失ってしまい、余計に脱水気味になってしまいます。

身体の調子がくるってしまうと、腸の機能が低下し、余計に水分の吸収能力が下がってしまったりします。

美容:きれいな足の基本

綺麗な足を目指すときにまず気になるのがむくみ。
実は最新の研究でアキレスけんとむくみが関係しているということが判ってきました。

アキレス腱は足裏と足をつなぐ大切な腱です。
このアキレス腱が委縮してしまう(短くなってしまう)と足に余分な負担がかかってしまうのです。
余分な負担がかかると、ふくらはぎの筋肉もうまく使えません。
すると、きれいに歩くことができなくなるばかりではなく、血流もうまく巡らなくなってしまいます。
その結果、足の冷えやむくみに繋がってしまうのです。

実はふくらはぎには全身の筋肉の四分の一が集中しています。
筋肉は身体を動かすために必要であるだけでなく、血液を全身に送るポンプの役割もしているのですが、この四分の一がうまく働いていない状態になるのです。

自分のアキレス腱が委縮しているかどうかは壁に足裏をつけた状態から、足首を自分側に引くことで知ることができます。
この時の角度が10度以下であればアキレス腱が委縮していることが考えられます。
また、歩くときにいわゆる「ぺたぺた歩き」になっているときも要注意です。

もしアキレス腱が委縮しているなと思ったら、お風呂上がりなどにアキレスけんを伸ばす運動をしてみましょう。
学校の体育の際に行った”アキレス腱伸ばし”が効果的です。
右足のアキレスけんを伸ばす場合は、右足を地面に着けてそのままゆっくり身体を前のめりにしていきます。
するとアキレス腱に負担がかかって、少しずつ伸ばすことができるようになります。
このとき、右足の膝は曲げないように。
膝を曲げてしまうとアキレス腱に負荷がかからないので、意味がありません。

また、足のむくみが解消したら次は見た目も綺麗にしておきましょう。
ラブリーレッグのような足ケア用品を使えば、足ケアに効果的です。

アキレス腱伸ばしはむくみだけでなく足先の冷えにも効果的です。
足を内側からも外側からもキレイにして夏を迎えましょう。

ラブリーレッグ エピWケア

ダイエットのレシピ:乳酸キャベツ

乳酸キャベツというと聞きなれないと思いますが、ザワークラウトと言えばピンとくる人も多いのではないでしょうか?
そう、ドイツ料理の定番ともいえるあの酸っぱいキャベツです。

欧州ではどの子会でもあるこのキャベツの漬物、実は乳酸菌が豊富で腸内環境を整えるには最適な食物なのです。
さらにキャベツに含まれるキャベジンは胃腸の粘膜の修復を促してくれるのです。

◆乳酸キャベツのレシピ
キャベツ1個(1キログラム)
塩 小さじ4杯(20グラム)
トウガラシ、コショウなど好みのスパイス

乳酸キャベツはキャベツと塩だけでできてしまうのが特徴です。
小ぶりのキャベツの場合、1個で1キロいかないときがあるので、その際はキャベツを足すか塩の量を調整してください。
乳酸菌はキャベツの表面にもともとついているので準備する必要はありません。

キャベツを千切りにして保存袋に入れて塩とスパイスを振るだけ。
スパイスは殺菌効果のあるトウガラシやコショウがおすすめです。
キャベツの表面には雑菌も付着していますので、これを殺菌するためですね。
保存袋内のキャベツをよく揉んで空気を抜いて1~2日常温放置したら発酵してきます。
味見して酸味があり泡立っていたら出来上がりです。

◆乳酸キャベツのダイエット効果
乳酸菌は腸内細菌のバランスを整えて目根気力をアップしてくれる他、キャベツの食物繊維やキャベジン、ビタミンCなど美容にいい成分が豊富に含まれています。
ダイエットや美容にはまず内側からと言われるくらい大切な体内環境ですが、発酵食品の中でもトップクラスに身体にいいのがこの発酵キャベツです。

痩せる食事のレシピに注意!ダイエット基本のカロリー

今回はダイエットの基本に戻って、カロリーと減量のお話です。
みなさんは急激な減量は、ダイエットにとってデメリットにしかならないことをご存知かと思います。
医学的に定められている指標としては、1か月に減らすのは4kgまで。
継続していくならば月に2kg減を目安にするのが望ましいとされています。

では、実際にはどのように考えればいいのでしょうか。

◆体重とカロリーの関係
体脂肪1kgをカロリーにすると7200kcalという数字になります。
ダイエットというのは、身体の中の水分や筋肉を減らすことではなく、余分な体脂肪を減らすことだというのは、もうご承知ですよね。
ということは、毎月コンスタントに2kgの体脂肪を落としていくには・・・

(7200kcal×2)÷30=480kcal

1日平均で、480kcalを減らしていけば良いということが分かります。

例:500kcalの食べ物
 ・ポテトチップス(しお)90g
 ・メロンパン1個
 ・ビール大瓶2本

◆体脂肪を燃やすこと
間食や飲酒を控えるだけでも、1日-480kcalをクリアできる人もいるのではないでしょうか?
しかし、食べ物だけのカロリーコントロールには限界があります。
ダイエットはバランスが大切。
そこでご提案する最善の方法として、「480kcal」の内、半分を運動で消費するようにします。
すると筋肉も育ち、基礎代謝が上がります。
基礎代謝が上がればカロリーを消費しやすい身体、つまり痩せやすい身体に変えることができるのです。
毎日の生活にちょっとした運動を取り入れるだけで、480kcalを燃やせる身体を作ってしまいましょう!

痩せる食事のレシピに注意!それでも太るのは時間のせい?

ダイエットをしている人なら並行して美肌やアンチエイジングにも意識を向けていると思います。
そんなみなさんならすでにご存じの「美のゴールデンタイム」。
そうです、夜の22時~2時の間に、1日で一番活発に成長ホルモンが分泌されるといわれている時間帯のことですね。
この時間にできれば就寝しているのがお勧めだというのが、少し前の説でしたが、実際はなかなか思うようにいかないものです。

この22時~2時説の言わんとすることとはなんでしょうか?
気になったので少しクしく調べてみました。

◆美容のゴールデンタイムとは?
交感神経と副交感神経の交差するリズムに合わせた生理学。
というと難しそうですが、つまり「太る時間」と「痩せる時間」というのが生物には存在しているわけです。

太りやすい時間
・夜22時~2時

痩せやすい時間
・昼14時前後

さらに、ここに近年では血糖値の上昇を抑えやすくする時間帯があることも分かってきました。

血糖値が下がる時間
・朝6時~7時
・午前中10時~11時
・午後16時~17時

◆ダイエットのゴールデンタイムは午後!
血糖値が下がると脳から「お腹空いたよ」という指令が出て、食欲のスイッチが入ります。
その時間に合わせて、ダイエットに適したレシピで食事をすると脂肪になりにくいのです。
しかも昼食後の14時くらいに、甘い物を食べたり運動をしたりするのは、ダイエッターさんにはお勧めなんですよ!

ということで、ゴールデンタイム説の言わんとすることは、毎日を規則正しくして一定のリズムを作ることだったんですね。

痩せる食事のレシピに注意!ダイエット中でなくても避けたい食べ合わせ

日本には昔から「食べ合わせ」という言葉がありますね。
ある食品と別の食品を食事で一緒に食べると、健康上よくないとされる食べ方のことです。
しかし、昔からの言い伝えにある食べ合わせが悪いとされている組み合わせ、実はそのほとんどは濡れ衣だったのをご存知ですか?
その逆に科学的根拠に基づいた、ダイエット中でなくても食べ合わせに気を付けた方がいいものもあるので、こちらでご紹介しますね。

◆濡れ衣だった食べ合わせカップル
・うなぎと梅干:梅干しのクエン酸が胃液を活発にして、うなぎの消化を助けます。
・天ぷらとスイカ:スイカの抗酸化力が天ぷらの油の吸収を防いでくれます(ただし食べ過ぎはダメ)
・ナスの漬物と蕎麦:強いて言えば「冷やす」からでしょうか?塩分量にさえ注意すれば気にする必要はありません。

◆注意すべき根拠のある食べ合わせ
・納豆と生たまご:たまごの白身のアビジンという成分が、納豆の有効成分ビタミンB複合体を相殺してしまう。
・焼き魚と漬物:あまり大袈裟に考えるほどではないのですが、ニトロソアミンという物質が化合された場合のみ。ただしビタミンCを一緒に摂れば阻害できます。
・ホウレン草とベーコン:ベーコンのリン酸がホウレン草のミネラルの吸収を阻害。ベーコンを湯通しすれば問題ありません。

いかがでしたでしょうか?
食べ合わせっていろいろ言われていますが、多くは濡れ衣。
でも、一部には栄養吸収率が下がってしまう組み合わせもあります。
特にダイエット中は計算されたカロリーの食事をとることになりがちですが、そんなときに有効な成分が摂取できなくなってしまうのはちょっとつらいですよね。

痩せる食事のレシピに注意!野菜や果物の保存

スーパーで野菜や果物が安売りの日は、うれしくてついつい大量買いしちゃいますよね。
だってダイエッターにとって野菜や果物は、美と健康を維持するためのビタミンの宝庫ですもの。
でもご存知でしたか?
その保存の仕方で、大切なビタミンが減少してしまうこと。
新鮮な物はその日のうちに食事で食べてしまうのが一番なのですが、なかなかそうはいかない多忙な現代。
そこで、ビタミンを守る野菜や果物の保存方法をご紹介します。

◆植物ホルモン「エチレン」を抑制
エチレンガスって聞いたことありませんか?
その昔、ガス灯の脇の木立の葉っぱだけが、他に比べて枯れてしまうことで、エチレンという物質の存在が知られるようになりました。
エチレンとは、植物の成熟を促す(早める)植物ホルモンなのです。
このホルモンを抑制することで、野菜などの鮮度をコントロールすることができるというわけですね。

・それぞれの適正温度を知って保存
冷蔵庫での保存に向かない野菜や果物:たまねぎ、さつま芋、リンゴ、メロンなど
これらは冷蔵庫で保存するより常温保存の方が望ましいです。

・自生している状態で保存
その植物が生えている姿をキープ:葉物野菜は根を下にして立てる、果物は接地面を少なくするなど
ほうれん草などはどうしても冷蔵庫の中で横にしてしまいがちですが、そうすることで傷みやすくなってしまいます。
果物も本来は木になっている(基本設置面積0)ものなので、設置面積が大きいほど傷みやすくなります。

◆「クリマクテリック果実」に注意
エチレンが大量に発生する時期を持つのが、クリマクテリック果実です。
クリマクテリック果実は以下のようなものがあります。
・リンゴ
・梨
・アボカド
・モモ
・メロン
・トマト
など。

これらは成熟期に一気にエチレンガスを放出して、周囲の同属果実の熟成を均一にしようとする特性を持っています。
つまり、他の植物の生長(劣化)を早めてしまうのです。
この作用を使って、未成熟な果物の熟成を早めることはよく知られていますよね。

つまり、これらの果実の横に置いた野菜は成熟しやすくなります。
野菜や果物を買いだめしてダイエットに励みたいときは覚えておいてくださいね!

ダイエットのレシピ:海苔の調理方法

近年話題になっている「日本人にしか海苔を消化することができない」ということ。
みなさんも一度は聞いたことがあるかも?
そんな私たちには馴染み深い海苔には、ダイエットや太もも痩せにお勧めの効果がいっぱいあるってことも、ご存知でしたか?
海苔が食べられるようになったのは8世紀ごろから。
その頃は生で海藻を食べていたので、欧米諸国に比べたら確かに消化スキルは違うはずですよね!
そして、海苔にはダイエット効果や美容効果がたくさんあるのです。

海苔のダイエット効果
各種ビタミン:海苔には11種類のビタミンが含まれており、疲労回復、美容促進が期待できます。
食物繊維:水溶性の食物繊維が40%近くあるため、糖の吸収を抑えて太りにくい体質に変えます。
高タンパク低カロリー食品:焼き海苔1帖(1枚)約3gで、わずか1kcalにも届かないのに、タンパク質は大豆7.5g分!
ヨウ素:脂肪燃焼を促進して、新陳代謝を上げる作用があります。

◆海苔のレシピ
梅おにぎり(1個分)
ごはん 100g
焼き海苔 半帖(半分)
低塩梅干し 適量

梅干をほぐして白米に混ぜれば、手塩を使わなくてもおいしく頂けます。
ごはんの糖を海苔が抑え、梅干しのクエン酸が疲れを取ってくれるので、おにぎりはダイエット向きの食べ方なんですよ。

カッパ海苔巻き
酢めし 100g
焼き海苔 半帖(半分)
きゅうり 4分の1本

酢めしの作り方は、白米1に対してお酢大さじ1、砂糖大さじ1以下、塩小さじ2分の1。
きゅうりのビタミンC破壊酵素を、酢が抑えます。
この組み合わせもダイエッターには魅力的ですね。

◆これからもっと出てくる海苔の良さ

これまで海苔の栄養素については、通り一遍の調査しかされていませんでした。
海苔を食べる習慣を持つ民族が、世界的に見て少ないせいでしょう。
しかし、海苔を本気で調べ始めたら次々と驚異の栄養成分量が解明されています。
これからもまだまだ海苔の美容ダイエット効果の発見があるかもしれませんね!

ダイエットにおすすめフルーツ青汁

ダイエットはつらい運動や食事制限がつきものです。
それでもすらっと細く痩せた姿を想像しながら頑張っている人も多いと思います。

痩せて綺麗になった姿をイメージできるからちょっとくらい辛くても頑張れるんですよね。
でも、もし辛い思いをしなくて短期間で痩せることができたら…なんて思ったことはありませんか?
実はそんな簡単に痩せるダイエットの強い味方があったのです。

その強い味方とは青汁。
青汁でダイエット?と思うかもしれません。
実は青汁には身体の巡りをよくし、排せつを助ける成分がたくさん含まれています。
つまり、身体の中をきれいにして痩せやすい環境をつくってくれるということなのです。

もちろん短期間で痩せるかと言われると、青汁自体にそこまでの力はありません。
あくまで痩せやすい体内環境をつくるのが目的であって、ダイエットそのものではないのです。
無理なダイエットをしていると脂肪が燃焼しにくくなってきてしまうこともあります。
そんな時に青汁は体内環境をきれいにして脂肪を燃焼しやすくしてくれるのです。

脂肪が燃えやすくなればすらっと痩せていくのが道理ですよね。
そんな理想的な環境をつくってくれる青汁はダイエッターの強い味方なんです。
でも、青汁ってまずいんじゃ…と思っている人はご安心ください。
青汁がおいしくなかったのは一昔前までです。

今はフルーツなどを配合して飲みやすい青汁に仕上げてあるものがたくさんあります。
その中の痩せるフルーツ青汁はとてもフルーティで飲みやすい青汁です。
あっさりしすぎていて、青汁と言われなかったら分からないくらいごくごく飲めてしまいます。
まさか?と思ったら是非一度トライしてみてください。
無理なダイエットをするよりずっと楽ですし、その方が結果的に短時間で痩せてリバウンドも来にくくなると思います。