ダイエットのレシピ:寒天とゼラチンの調理方法

定期的にブームを繰り返す寒天ダイエットとゼラチン美容法。
あれ?寒天はダイエットなのに、ゼラチンはダイエットじゃないの?そう思った人、さすが鋭いです!
ゼラチンでも食事に取り入れてダイエットにもなりますが、ゼラチン=コラーゲンというイメージが定着しているせいか「美容のため」食べている人が多いようです。

さて、今回はこの2つを比べてみました。

寒天とゼラチン、太ももダイエットに効くのは?

まずはそれぞれの成分についてです。
ゼラチン:
10g/34kcal 主に豚由来のタンパク質 栄養素/ナトリウム、ビタミンB12

寒天:
10g/0kcal 海藻由来の食物繊維 栄養素/カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル

ご覧になってお分かりのように、ダイエットに適しているのは寒天の方ですね。
寒天には便秘改善や抗酸化作用があるので、デトックスやアンチエイジング効果が望めます。
さらに血糖値の上昇を抑える作用もあるため、下半身痩せにも有効なのです。

ただし、両方ともデメリットもあります。
・ゼラチン:継続して食べ続けると腎臓に負担がかかる。
・寒天:大量に食べると状態により下痢、または腸閉塞を起こすことがある。
また、これらには身体を冷やす作用があります。
あまり食べすぎると冷えの原因になってしまいます。
ダイエットのためと言って大量に食べたりせず、適量にとどめておくのがダイエットへの近道ですね。

◆寒天とゼラチンのレシピ

寒天寄せ
水分になるもの(豆乳など) 固め500cc 柔らかめ600cc
粉寒天/2g ふやかす手間がいらない。
糸寒天/8g ふやかしてから温めた液に入れる。
棒寒天/8g 糸、棒共に入れた液が沸騰して、本体が完全に溶けるまでかき混ぜる。

ゼラチンゼリー
固めるものの水分量(豆乳など) 固め500cc 柔らかめ600cc
板ゼラチン/10g 50ccの水でふやかしてから徐々に温める。
粉ゼラチン/10g 板、粉共にかき混ぜながら溶かすが、沸騰させると固まりにくくなる。
顆粒ゼラチン/10g ふやかす手間がいらず、50℃くらいの液に直接溶かせる。

これらはあまり食べすぎるのはよくないですが、おやつくらいなら全然問題ないです。
美味しくてダイエットもできるレシピとして活用してくださいね。