痩せる食事のレシピに注意!それでも太るのは時間のせい?

ダイエットをしている人なら並行して美肌やアンチエイジングにも意識を向けていると思います。
そんなみなさんならすでにご存じの「美のゴールデンタイム」。
そうです、夜の22時~2時の間に、1日で一番活発に成長ホルモンが分泌されるといわれている時間帯のことですね。
この時間にできれば就寝しているのがお勧めだというのが、少し前の説でしたが、実際はなかなか思うようにいかないものです。

この22時~2時説の言わんとすることとはなんでしょうか?
気になったので少しクしく調べてみました。

◆美容のゴールデンタイムとは?
交感神経と副交感神経の交差するリズムに合わせた生理学。
というと難しそうですが、つまり「太る時間」と「痩せる時間」というのが生物には存在しているわけです。

太りやすい時間
・夜22時~2時

痩せやすい時間
・昼14時前後

さらに、ここに近年では血糖値の上昇を抑えやすくする時間帯があることも分かってきました。

血糖値が下がる時間
・朝6時~7時
・午前中10時~11時
・午後16時~17時

◆ダイエットのゴールデンタイムは午後!
血糖値が下がると脳から「お腹空いたよ」という指令が出て、食欲のスイッチが入ります。
その時間に合わせて、ダイエットに適したレシピで食事をすると脂肪になりにくいのです。
しかも昼食後の14時くらいに、甘い物を食べたり運動をしたりするのは、ダイエッターさんにはお勧めなんですよ!

ということで、ゴールデンタイム説の言わんとすることは、毎日を規則正しくして一定のリズムを作ることだったんですね。