洋ナシ体型を何とかしたい!下半身痩せするには?

実は肥満には”洋ナシ”型と”りんご”型の2種類があると言われています。
どちらも体型から来た名称で、洋ナシ型は下半身太り、リンゴ型はおなか太りです。

女性の場合、洋ナシ型が多いと言われており、しかも悪いことに洋ナシ型肥満の方が痩せにくいという特徴があります。
洋ナシ型は太ももやふくらはぎといった足も太くなってしまうので、季節を問わずに悩みの種になってしまいます。
特にむくみを伴う場合はブーツが合わないといったふうにファッションにも制約ができてしまいます。

洋ナシ型肥満が女性に多い理由はお腹回りに子宮や卵巣といった重要な器官があるのでそれを守るために脂肪がつきやすいからなのですが、実はそれ以外にも大きな理由があります。
実は洋ナシ型肥満は冷えとの関係もあるのです。

実は女性は筋肉量が多くない為、血液などを手足の末端に届ける力があまり強くありません。
そのため、手足が冷えてしまいます。
そして冷えた手足は保温のために脂肪を抱え込みやすいため、太りやすくなってしまうのです。

つまり洋ナシ型の体型を解消するには冷え対策がとても重要ということなのですね。
でも、冷え対策なんてどうやっていいのか判らないってひとも多いのではないでしょうか?
確かに年中毛布を巻いて歩くわけにはいきません。
そこで体内から改善するのがおすすめです。
女性は体内の血液などを手足に送る力が弱いと書きましたが、これを強化してあげればいいのです。
と言っても筋トレをするといった事ではありません。

実は体内の流れをよくするには栄養バランスをよくすることがとても効果があるのです。
もちろん運動(特に有酸素運動)は洋ナシ体型の改善にとても効果があります。
しかし、それと同じくらい体内環境を整えることは大切です。

足やせサプリに”水分排出”や”塩分排出”効果のある成分が入っているのは偶然ではないのです。
肥満は食べすぎの他にも「水分・塩分過剰⇒むくみ⇒冷え⇒肥満」といった流れになっていることが多いです。
体内のバランスを整えることは冷えやむくみの元からシャットアウトするためにとても効果があるんですね。
洋ナシ型の足太りをなんとかしたい!って思っているのであれば体内バランスにも注意してみてくださいね!